首页 > 12睡眠行動障害研究進歩SP12 > 12睡眠行動障害研究進歩SP12,KAKEN — 研究課題をさがす | 小児の睡眠へのアプローチ法の開発と検証 (KAKENHI-PROJECT

12睡眠行動障害研究進歩SP12,KAKEN — 研究課題をさがす | 小児の睡眠へのアプローチ法の開発と検証 (KAKENHI-PROJECT

互联网 2021-09-24 08:25:26 Tags:12睡眠行動障害研究進歩SP12

2010 6 3 12 2012 12 sleptwell.jpパーキンソン病の病態:運動症候と非運動症候精神科 shigamed.ac.jp悪夢による睡眠障害の治療方針は?|Web医事新報|日本医事新 広汎性発達障害にみられる睡眠障害に対するラメルテオンの有用性について (精神医学 54巻12 睡眠障害[私の治療]|Web医事新報|日本医事新報社医師紹介 | ヴィークリニック睡眠障害診断の進歩 睡眠障害の診断関連の最近の進歩について 睡眠障害

睡眠習慣・睡眠の問題を,幼稚園から高校まで幅広く使用可能な質問票:「児童青年期睡眠チェックリスト(Child and Adolescent Sleeep Checklist : CASC)」を作成したCASCを用いた一都市の全校調査を対象に,睡眠習慣の経時的変化についての調査を行った.また,日中の眠気や睡眠中の呼吸の問題など,睡眠障害の可能性についても検討を行った.幼稚園から高校まで一貫して,睡眠の問題が多い児童は,行動上の問題が有意に高かった.子どもの行動上の問題を対処する上で,睡眠の状態に着目することの重要性が示唆された.

免责声明:非注明原创的信息,皆为程序自动获取自互联网,目的在于传递更多信息,不代表本网赞同其观点和对其真实性负责;如此页面有侵犯到您的权益,请给网站管理员发送电子邮件,并提供相关证明(版权证明、身份证正反面、侵权链接),网站管理员将在收到邮件24小时内删除。